上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさん水の出るホースをとにかく上に撒いて。
撒いて撒いて蒔いて。
河向こうまで投げ続ける。
ひととき終えたらそれはもう、
つまりそれが、虹のしくみ。

ロケハンして、仕事をして、インドの女神様的な人が部屋で撃沈して、
それを放っておいて渋谷でまじめにプロジェクトを進行せしめて。

男汁4人集のカラオケが2万8千円分くらい。
それはもう、それはもう笑うしかなくて。
終わると思った木曜日が続くのは、青山から愛が来たから。

金曜日の昼過ぎに、部屋でひと瓶空いている。
(ロシアのお酒は40度)

渋谷にて。
ともちゃんとかひでさん、ひでさんとかはるおさん。
はるおさんを感じさせる砂場の音に酔いしれて、
酔いしれて酔いしれて酔いしれて酔いしれていたら、
あっという間に土曜日が終わっていたよ。
(渋谷という街は、午後14時まで夜が続く)

象の一年がネズミの一生であるかもしれない。
時間と一日は細くか細く、漠然と凡庸に、高揚と停滞と、
刻みと解放の半ばで穿たれているような今日この頃。

ある年ある日の日曜日には、
心臓に入れ墨を。

心臓の入れ墨が、つまらないもので弧を描く。

私たちは、つまらないものが、ほんとうにほんとうに、大好きだ。

それは多分、つぼみの束が(かろうじて)、
花束のように(もしくは、ある種の世界地図のように)、
見えてしまったり、そのことを、誰かに一番最初に伝えなければならないという、
予言者の独り言に似ているような気がする。

睡眠すれば、またあした。




023f46496a59137d861e7c550a42fd6b.jpg

71b4bb24c83cd2d58a9f8ae9e4f556c7.jpg

e7352e65472cccc23944d939ea7baa54.jpg

U4RU4Psh0002_I.jpg

_MG_1045.jpg

_MG_1094.jpg

スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesiki.blog72.fc2.com/tb.php/41-89276e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。