上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
araataa

貸し暗室に向かう。極寒ヌードのベタとり。
11-19 18:39

なんかええ光だ。行くぞ銭湯。
11-19 09:13

流星群日和に空も見ないけど。毎日、身体の中に、星よ何千光年も前に死ぬなー。みたいなー。脳みそが閃光で焼き切れろーみたいなー。沈没を迎えてネルー。みたいなー。見たいなー。
11-19 04:08

大分昔に思った「個別的なことって普遍性になる」ってこと。普遍性を求めて探したら、クオリティの低い大衆性になった。拡げるのではなくて、深みに嵌って行くこと。真理は最小公約数(最大公倍数)ではなくて、自分にしかないゲノムの色や形を見つめようとするある種の闘い。暗い部屋の窓の話。
11-19 04:00

という、吐いて吐いて吐いて、でも思いのほか誰にも届いてないこのメディアの便利さに感謝しつつ寝るっす。http://www.youtube.com/watch?v=hSTNLTd6gBU
11-19 03:43

コンペに出す時にプロフィールやコンセプトを英訳してくれて、審査通過後の契約の和訳をしてくれてるあかりちゃんには多大なる感謝を。本当にありがとう。高木正勝さんの映像で見た「真理に近づきたい」という言葉と下園さんの写真集に感じた思いを馳せて、僭越ながら世界に挑戦してみたい。
11-19 03:33

写真は世界共通コミュニケーションだと思う。どんな展示になるか正直わからんが、NYで写真が飾られる様を、俺の人生の映像に加えることは、ただただ、個人的に見てみたい風景だ。どうか、自分が自分で思えてしまう予定調和を超えてくれ、と思う。写真で。
11-19 03:29

展示資格の契約は年間契約作家(2011年)としての販売促進業務委託費30万円を払って履行されるが、流れ流されのうやむや人生、あぶく銭も少したまったんで、捨てるつもりでやっぱり流されたい。
11-19 03:25

で、NYチェルシーのとあるギャラリーで来年3月に開かれる「ジャパニーズ・コンテンポラリー・フェスティバル」というグループ展のコンペに「Sephirothic」のシリーズを出したら通った。
11-19 03:21

で、良の新しい店に飾ってもらう海の写真は未発表で、俺は対海外的に「Sephirothic」というシリーズの一つで。カバラの「セフィロトの樹(生命の樹」)からのイメージで名付けた作品群の一枚だ。
11-19 03:16



カチャトラのライブに行く前に、ずっとお世話になっている優しき年下兄やん良の、昔から語っていた「飲み屋をやりたい」との夢の形、渋谷のBar「コクーン」のトイレに飾る「なんか海っぽい写真がいいっす」という写真を額装して渡した。4年前くらいかな、初めて聞いたの。オープンおめでとう。
11-19 03:08

今日大事だと思ったこと。思いがけず雄一君と話せて、村上春樹氏の「走ることについて語るとき僕の語ること」の話をした。同い年のミュージシャン。身体とパフォーマンスの話とか。途中から持田さんと囲んだ。3回撮ったことあるけど、初めて割と生身の話をした。
11-19 03:02

今月ほとんど仕事しとらんが、やっておいた方が良いと思う仕事はする。で、明日は幼なじみの実家が銭湯ということで銭湯ロケ。朝。起きれなかったらごめんとかはなしで。
11-19 02:53

スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesiki.blog72.fc2.com/tb.php/364-8a267fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。