上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はちょっと前に発売されていたのですが、
白石一文さんの著書「永遠のとなり」の文庫版でカバーに写真を使ってもらっています。

白石さんは2009年度の直木賞を受賞されました。

小説のカバーを取りに福岡まで行かせてもらった楽しい仕事でした。
文庫版のカバーになった写真は飛び込みで小学校に侵入、交渉、撮影という荒技。
二点ともコンパクトカメラのヘキサーで撮りました。

本屋さんで平積みになっているので、是非ご覧下さい。
装丁は文藝春秋の大久保明子さん。

新書版

新書


文庫版
文庫

スポンサーサイト
              
コメント

上野さん、コメントありがとうございます。
本谷さんのフライヤー、すごい出来ですね。
嫉妬と羨望です。
ヘキサー、特にRFになる前の型はとても良いカメラだと思います。反射神経で撮れる。
まばたきカメラと呼んでいました。
でも、やっぱり最近使っていません(笑)。
飲みに行きたいですね。
---------- [ 編集]* URL * 04/08, 17:01 -----

こんにちは。ナルティスの上野です。
いつも楽しみにブログ拝見と拝読しております。
ヘキサーでこんなに素敵な写真が撮れるんですね。
わたしも大学時代にヘキサーと出会って写真撮ってました。
最近はもっぱらデジカメですが、ひさしぶりにフィルムで撮りたくなりました。

---------- ueno [ 編集]* URL * 03/31, 19:50 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesiki.blog72.fc2.com/tb.php/256-78e2bfdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。