上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
搬入を終え、今日から展覧会「テンノマク」が開催されます。
展示に際し、高嶋政伸さんから素晴らしい言葉を頂き、
この世界観を基軸にして写真をセレクトしました。 
テント芝居を巡る世界とそれに関わる人々の空気を少しでも感じて頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

_MG_0715.jpg




  <ケモノヘンに王と書いて狂うアルイハテント>

  桜井大造さんとテントを初めて観たのは、24年前。
  その圧倒的な貧しさにクラクラしながらも、なぜか懐かしさを覚えた。
  その救いようのない野蛮さに動揺しつつも、愛おしさを感じた。

  友人からテントの事を聞かれると、決まって「戦後のバラックみたいなさぁ」
  と懐かしそうに話している自分がいる。
  オイルショックの六年前に生まれた人間の記憶に
  戦後もバラックも無いはずなのに。

  自分の記憶よりもさらに深いところにある何かが自分のなかで見え隠れする。
  言葉で言い表そうとしても決して適切な言葉が見つからない。
  でも、そいつは確かにいる。

  ひょっとすると、そいつこそが、僕の正体…、いや、僕自身だ、と、
  この41年間思い続けさせるよう仕向けた「何者か」。
  そう、桜井大造さんとテントを追い求めるのは、この「何者か」を追い求め、
  あぶりだすこと。
  今回のドキュメンタリー映画や写真展の企ては全くもって
  こういう事だと思っている。


                               高嶋政伸 拝

_MG_1107.jpg


追記:今回の展示写真全て、富士フイルムさんが素晴らしいプリントを作ってくれました。
   会場にはチェキが置いてあります。
   来てくださった方、是非一枚写真を撮って貰い、展示を彩って頂けたら幸いです。
スポンサーサイト
              
コメント

ありがとうございます。
ハナノヒももう2年前、
八月のカノンからふたつ季節を数えたことになります。
はやいものですね。

また何かお届け出来るよう画策しています。
期待して待っていてください。


---------- 加藤アラタ [ 編集]* URL * 06/03, 03:29 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 05/28, 09:51 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesiki.blog72.fc2.com/tb.php/143-19b7ae5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。