上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日彼の結婚式があって、青山で少し泣いた。

「結婚式の写真を撮ってくれないか」と頼まれたが、
少し前、個展会期中で感覚が絶頂だった僕は、
式前に「撮る」時間があって、二人と向き合う時間が作れないなら断る、と言った。
結局、
スケジュール的に時間が無さそうので撮らなかった(結婚式、大抵彼らは大忙しです)。

君たちが大好きなので撮らなかったけど、
君たちが大好きだから撮ることも出来たかもね。

シャッターに誠意と礼節を。
それは餅つきのように、こねる手とたたく手が掛け合って、
ふっくらとしたものになって欲しいのだよ。

「20年来のお付き合い」のアナウンスにはちょっと照れましたが、
俺らお付き合いどころじゃないよね(笑)。

二人の新居に写真を送ります。
君の好きな、英国で撮ったのさ。

右がお前で左があの子。

20071015035751.jpg

スポンサーサイト
              
コメント

コメントありがとうございます。
英国ハワースで出会った樹です。
「嵐が丘」の舞台になった場所です。
すごい風でした。
---------- 加藤アラタ [ 編集]* URL * 10/18, 19:26 -----

素敵な写真ですね。
よりそっているような、支えあっているような。
風まで写真に写ってる。
---------- ? [ 編集]* URL * 10/18, 16:34 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://kesiki.blog72.fc2.com/tb.php/115-3771c3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。