上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューヨーク  クレジャニ  トウキョウ

今日おおはた雄一君の「TOKYO SONGBOOK  2009秋」に行って来た。
エゴラッピンの中納良恵さんがゲスト。かなり良かった。
ほとんど全部のSONGBOOK行ってるが、その中でもずば抜けてたかも。

NYのマジックショップスタジオに行った時、雄一君とマネージャーのいくみちゃん、
それと、プロデューサーであるジェシー・ハリスとリチャード・ジュリアンの
日本側窓口の会社スタッフである石坂さんが渡米していた。
石坂さんとはNYで初対面。

この会社はジェシー達と共に、
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのマネージメントもしていたので、
NYで最初の晩に飲んだ時に11日からルーマニアに行くことを告げ、
「ルーマニア・・・ジプシー・・・音楽・・・」と言うと、
「もしかしてタラフ!?」と言われて、「そうなんすよ!」と。

ほんでルーマニア行ってクレジャニ行ってタラフのメンバーと話していると、
「ケイコが日本に俺たちを呼んでくれてる」と「ケイコ、ケイコ」と何度も出てくる。
「ケイコを知っているか?」と。
東京だけで1千万人くらい人居るんですけど・・。

ほんで日本帰って渋谷行って、終わって楽屋遊びに行ったら、
石坂さんも来ていて「社長、この人一昨日までクレジャニ行ってたんですよ!」と。
「あのー、多分そうだと思うんですけど、もしかして、ケイコ、さんですか?」と僕。

やっぱりね、言葉わからんから聞かなかったけど、
多分石坂さんの会社のお偉いさんだと思ってた。「ケイコ」。
かくして、「ケイコ」さんとお会いしてしまう。

距離にしたら何千キロ離れてるか見当もつかんけど、
個人的な話題としてはここ二週間で踏みしめた国が繋がってしまうという。

不思議なものですなぁ。


写真はマジックショップスタジオで、
「決別の旗」のミックスを見つめるリチャード・ジュリアン。IN NY。

リチャード01


スポンサーサイト
                   
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。